インフォメーション

2016-07-06 12:12:00

当店での調度品等は民芸調のものが多いです。

柳宗悦の民芸運動にリスペクトしているという事もありますが、

見た目が美しく楽しく、実用性にも優れているからです。

そんな中で今日は当店で使用しているお皿の話を。

 

焼き上がった焼き鳥をまず乗せる角皿は愛媛県の砥部焼です。

清涼感があり楽しいデザインです。

煮込み料理にも砥部焼のくらわんか茶碗を使っています。

お取り皿は大正時代の浜千鳥模様のアンティークです。

一部でとても人気のあるお皿です。

その他一品料理ではやちむんや小鹿田焼等を使っています。

また若手の作家さんのお皿も数点ありますが、特にお気に入りは‘秀’の豆皿と徳利と御猪口。

お客様にも大好評のこのお皿、実は若手ではなく千駄木のセレクトショップ「Tsugiki」さんの

オーナー木原氏のお父様の作品です。

 

お皿のセレクトは店の個性のひとつです。

とくりのお皿も楽しんでくださいね!